ベイビーサポートの産み分けは医療行為にあたるの?

ベイビーサポートの産み分けは医療行為?家庭で簡単に産み分けができる産み分け潤滑ゼリーとして、人気を博しているベイビーサポート。医療行為に当たるのでは…と不安に思っていませんか?ベイビーサポートが医療現場で使われるべきものなのか、医療機関で処方してもらえるのかについて調べてみました。

ベイビーサポート 医療

ベイビーサポートは医療行為の産み分けなのか調べてみました

ベイビーサポートは医療行為?

産み分け潤滑ゼリー・ベイビーサポートは、産まれてくる赤ちゃんの性別の希望がある人に、今大人気なんです。

でも、女性の膣に入れて使うという性質上、
 

・医療行為に当たるのでは…?婦人科の先生にやってもらわなくてもいいの…?


という疑問がわきますよね。

ベイビーサポートを使った産み分けが、医療行為に当たるのかを調べてみました。
ベイビーサポートは医療行為ではない

いろいろ調べてみたところ、結論としては
 

「医療行為には当たらない」


ということでした。

ベイビーサポートは、確かに医療品が製造できるくらいの無菌状態である「クリーンルーム」で製造されています。

しかし、ベイビーサポートは医薬品ではありません。正式な区分けとしては「雑貨」に該当します。

この場合の「雑貨」が何を意味しているかというと、
 

・厚労省から医薬品としての認可を受けていない

・薬機法という法律上、「産み分けに効果がある」という広告を打つことができない



これらが、消費者に直接関係することではないかと思われます。

(公式サイトの作りも、「ベイビーサポートは産み分けに効果ありますよ!」と、大々的にうたわれていないですよね)

したがって、ベイビーサポートの購入にあたっては、医者の処方箋もいらなければ、医者に医療行為として使用してもらう必要もないんですね。

つまり、区分としては、
 

・産み分け効果をうたっていない、性交時に使用する通常の潤滑ゼリーと同じ扱い


というわけです。

  >>ベイビーサポートについてもっと詳しく調べる(公式サイト)
 

ベイビーサポートの効果や安全性は?

ベイビーサポートの効果や安全性は?

ベイビーサポートの産み分けが医療行為に当たらないとわかったところで、今度は、
 

・「雑貨」が本当に産み分けに効果があるの?

・中身は安全なの?


という疑問がわいてきますよね。

ベイビーサポートは区分としては確かに雑貨扱いなのですが、産み分けを望むカップルに既に35万本も使用され、その成功率の高さからリピーターが多いというのは、まぎれもない事実です。

また、成分もすべて公式通販サイトで公表されており、外部の検査機関の成分テストの結果も掲載されています。
 
ベイビーサポートは口に入れても安全
それに、ベイビーサポートは、

・人の口に入れても問題ないくらい、安全性の高い天然成分しか含まれていない


という特徴があります。

通常、化粧品などをイメージしてもらえればわかりやすいのですが、「口に入れても大丈夫」なくらいの安全性をうたうには、成分を激選し、高い技術を持って作らなければなりません。高コストなうえに、防腐剤もたくさん入れられないので、製品の質は不安定になりがち。

その点、ベイビーサポートは安全性を妥協せず開発された、高機能かつ安全性も極めて高い潤滑ゼリーです。

「膣に入れる製品なのに口に入れても安全」というのは、それほどまでにすごいことなんですよ。
 
ベイビーサポートまとめ

ここまでベイビーサポートを調べてみて、

・ベイビーサポートは医薬品ではないため、使用にあたっては医療行為に当たらない

・ベイビーサポートは医薬品ではないため、婦人科の処方箋も必要ない(医療機関で処方してもらうことはできない)

・ベイビーサポートは医薬品ではないが、とても安全な潤滑ゼリーであり、多くの産み分け希望者からの支持を得続けている


といった製品であることがわかりました!

自然妊娠で、家庭で気軽に産み分けを試してみたい人には、ピッタリのゼリーだといえますね。
 
ベイビーサポートのおめでた返金キャンペーン

ここで、ベイビーサポートの購入に関心がある方には朗報です!

公式ショップ限定の特典として、

・まとめ買いで20~30%OFFになる割引あり

・ベイビーサポートを使用して妊娠したら、余った分を1本1,000円で買い取ってもらえる
「おめでた返金キャンペーン」を実施中


があります!

公式サイトなら、確実に正規品で安全な製品が手に入りますし、購入の上でも最安値になりますので、オススメですよ。

キャンペーンは予告なく終了することもあるそうなので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。


>>ベイビーサポートの公式通販サイトはこちら(割引キャンペーン実施中)




 

今日「妊活」というキーワードが再三耳に入ってきます。「妊娠できる年齢は決まっている」ということはわかっていますし、ポジティブに行動を起こすことが、いかに大切であるかが認識されてきたようです。
「二世を懐妊する」、その上「母子共に何一つ異常なく出産することができた」というのは、それこそ様々なミラクルの積み重ねだと言うことができると、今までの出産経験より感じています。
生理不順というのは、無視していると子宮であったり卵巣が委縮することになって、不妊症の元凶になることがあります。不妊症の治療というのは、実に面倒なものなので、一日も早く解消するよう努めることが大切です。
不妊症を克服したいと思うのなら、先ず一番に冷え性改善を志向して、血の巡りが円滑な体作りをし、身体全体の機能を良くするということがポイントとなると考えられます。
妊娠しやすい人といいますのは、「赤ちゃんに恵まれないことを深く考えない人」、具体的に言えば、「不妊状態を、生活をしていくうえでの通り道だと受け止めることが可能な人」だと言えるでしょう。

ルイボスティーは、35歳以上かつ出産を目標に妊活を行なっている方は、自発的に服用したいものですが、僅かに味に問題があって、飲む時点で嫌になる人もいます。
ビタミンをプラスするという考え方が広まりつつあると言われますが、ベイビーサポートについては、今のところ不足しています。そのわけとしては、日常生活の変化を挙げることができるとい思います。
忙しい主婦の立場で、普段より定められた時間に、栄養満載の食事を摂取するというのは、困難ではないでしょうか?こんな手一杯な状況にある奥様を対象に、妊活サプリが市場に出ているわけです。
冷え性の関係で血行が悪くなると、酸素であるとか栄養分などが卵巣にきちんと届かず、卵巣機能が衰退します。それ故、妊娠を切望しているのなら、日常スタイルを鑑みて、冷え性改善が重要になるのです。
ベイビーサポートを飲用することは、妊娠後の女性は当然の事、妊活を実践中の方にも、実に身体に良い栄養成分だと断言します。加えてベイビーサポートは、女性のみならず、妊活を実施中である男性にも摂取してもらいたい栄養成分だと言えます。

妊活をしていると言うなら、「結果が出ていないこと」を深く悩むより、「今の時点」「今の状況で」やれることを実行してストレスを発散した方が、毎日の生活も満足できるものになると思います。
赤ちゃんが欲しいからと、不妊治療を含めた“妊活”に努力する女性が増加してきました。ただし、その不妊治療が成果をもたらす可能性は、案外低いのが正直なところです。
妊娠しない理由として、受精じゃなくて排卵にトラブルがあるということも想定されるので、排卵日を考慮してエッチをしたというご夫妻であっても、妊娠しない可能性はあり得るのです。
妊婦さんに摂ってもらいたいと、原材料を入念に選んで、無添加優先の商品も売られていますから、多数の商品を対比させ、各々にベストなベイビーサポートサプリをチョイスすることが大事です。
妊娠初期の2~3ヶ月と安定期だと言われている妊娠の後期とで、摂食するサプリを別の物にシフトすると言われる人もいるようですが、いずれの時期もお腹にいる赤ちゃんの発育に関係するのですから、無添加のサプリをおすすめします。